スルル 使い方 除毛 効果的な使い方 男性

「スルル」の公式サイトはこちら

[スルル 使い方]効果的な使い方3つのポイント

[スルル 使い方]効果的な使い方

[スルル 使い方](1)除毛したい部分に塗って5~10分待つ (2)拭き取って洗い流す (3)低刺激性の化粧水やクリームで保湿する

[スルル 口コミ]スルルの公式サイトはこちら

スルルの効果的な使い方はとっても簡単。除毛したいところに塗って、5~10分待って、拭き取って、洗い流して、保湿するだけです。入浴時に除毛するなら、そのまま洗い流せばいいので拭き取る手間すら不要です。特に難しいところは何もありません。乳幼児でもない限りは誰でも簡単に使えると思います。

背中やうなじなど、手が届かいところや見えないところは人にスルルを塗ってもらった方がいいかもしれませんね。特にうなじの除毛など、除毛したくないところにスルルのクリームがついてしまうと大変です。

入浴時は裸なのでムダ毛のチェックがしやすいのもいいですね。気になるムダ毛を見つけたら、すぐに除毛に取り掛かりましょう。浴室にはスルルを常備しておくといいですよ。

関連ページ:【スルル 口コミ】除毛効果・脱毛・ムダ毛処理など

[スルル 使い方(1)]除毛したいところに塗って5~10分待つ

スルルの使い方のポイントの1つ目は除毛したいカラダのパーツにスルルの除毛クリームを塗ることです。塗り方はとっても簡単。こんな感じで除毛したいところに塗っていきます。除毛したい部分にパックを塗り拡げるように、毛の根元までしっかりとスルルの除毛クリームが行き渡るように塗るのがコツです。

[スルル 口コミ]スルルの塗り方

スルルの除毛クリームを塗り終わったら、そのまま5~10分間待ちましょう。待つ時間は短すぎても長すぎてもよくありません。5分よりも短いと思うような除毛効果が得られません。反対に10分よりも長いと肌荒れの原因になることもあります。

塗ったあとの待ち時間は最低でも5分、最高で10分です。10分よりも長く待っても除毛効果が強まるわけではありません。また必要以上にスルルを厚塗りしても除毛効果は変わりません。

[スルル 使い方(2)]拭き取って洗い流す

スルルの使い方のポイントの2つ目は、スルルの除毛クリームを塗って5~10分待ったあと、拭き取って洗い流すことです。ティッシュペーパーや濡れて固く絞ったタオルなどで優しく拭き取りましょう。

[スルル 口コミ]スルルの拭き取り方

ティッシュペーパーやタオルなどで拭き取っただけでゴッソリとムダ毛が除毛されたことが分かり、キレイになったお肌が姿を現します。何とも言えない嬉しい瞬間です。

スルルの除毛クリームをキレイに拭き取ったら洗い流しましょう。すすぎ残しが無いようにシャワーなどでキレイに洗い流すことがポイントです。すすぎ残しがあると肌荒れの原因になることもあります。

スルルの除毛クリームには保湿成分が多く処方されているので、洗い流したあとはお肌はしっとりとした感じに仕上がっています。

[スルル 使い方(3)]低刺激性の化粧水やクリームで保湿する

スルルの使い方の3つ目は、除毛のあとは低刺激性の化粧水やクリームで保湿することです。スルルの除毛が終わって洗い流しただけでもお肌はしっとりのキレイな状態になっていると思いますが、除毛後には低刺激性の化粧水やクリームで保湿すると、お肌はよりしっとりとした状態を保つことができます。

スルルがお肌に優しく作られているとはいっても、除毛するとどうしてもお肌に負担をかけてしまいます。使い方を間違えると肌荒れの原因になってしまうこともあります。

少しでもお肌への負担を減らすために、低刺激性の化粧水やクリームで保湿するわけですね。除毛は定期的に続けるものなので、除毛後のお肌ケアは忘れずにやっておきましょう。

「スルル」の公式サイトはこちら

[スルル 使い方]効果的な使い方

スルルの効果的な使い方はとっても簡単です。除毛したいカラダのパーツにスルルの除毛クリームをムラ無く塗ること。塗ったあとは5分~10分待つこと。待ったあとは優しく拭き取ること。すすぎ残しが無いように洗い流すこと。そして仕上げに、化粧水やクリームなどで保湿をすること。たったこれだけです。特に難しいところは無いと思います。

昔の除毛クリームはニオイがキツくて使うのをためらってしまうくらいでした。しかし、スルルは除毛剤特有のツンとしたニオイが抑えられています。除毛後の素肌が心地よい香りで包まれるように工夫されているので、随分と使いやすくなっています。

除毛剤特有の鼻をつくようなニオイが苦手で除毛クリームを使わなくなってしまった人でもスルルは抵抗なく使えると思います。

「スルル」の公式サイトはこちら

[スルル 使い方]効果的な塗り方

スルルの効果的な塗り方は、ムダ毛が気になる部分にパックをするようにしっかりと塗り拡げることです。薄く広げるだけでは塗る量が足りません。塗る厚さは1~3mmが目安。1mmより薄いと除毛効果が発揮されないし、3mmより厚いとスルルの除毛クリームが無駄になってしまいます。1~3mmを目安に、しっかりと毛の根元まで覆ってしまいましょう。

塗り終わったら5~10分間待ちましょう。塗り終わって待っている間に、スルルの有効成分であるチオグリコール酸カルシウムが体毛を構成するケラチンたんぱく質を溶かして除毛します。

スルルの除毛クリームが、吸い付くようにピタッとお肌に密着して、ムダ毛をごっそり絡め取ってしまいます。

[スルル 使い方]拭き取り方

スルルの拭き取り方もとっても簡単。スルルの除毛クリームを塗って5~10分間待ったあとにティッシュペーパーなどで優しく拭き取ります。スルルの有効成分として配合されているチオグリコール酸カルシウムの働きでムダ毛が柔らかくなっているので簡単に拭き取れます。初めてスルルで除毛する時など、あまりに簡単にムダ毛がゴッソリ取れるのでビックリするほどです。

拭き取る時はあまり力を入れずにティッシュペーパーなどで優しく拭き取りましょう。スルルの除毛クリームの働きでムダ毛は柔らかくなっているので、力を入れて拭き取る必要はありません。軽くなでるように拭き取るだけで充分です。拭き取る時に力を入れすぎるとお肌を痛めてしまうので気をつけてくださいね。

[スルル 使い方]洗い流し方

スルルを拭き取ったあとは、すすぎ残しが無いようにシャワーやお風呂で洗い流しましょう。すすぎ残しがあるとお肌を痛める原因になるので、しっかりと洗い流します。

シャワーなどで洗い流す時は、タオルなどでゴシゴシとこする必要はないですよ。掌などで優しくなでながら洗い流しましょう。

実は入浴時などお風呂で除毛をするとスルルの除毛クリームを拭き取る手間が省けます。シャワーをかけながら掌で優しくなでるだけで除毛されたムダ毛が流れ落ちていきます。お風呂場で除毛をするとスルルを塗って5~10分間待ったあとはいきなり洗い流すことができて楽チンです。

除毛をするカラダのパーツを毎日変えながら少しずつお風呂で除毛をすると、いつもムダ毛の無いつるすべ素肌を保つことができるのでオススメの方法です。

[スルル 使い方]除毛後のケア

スルルの除毛クリームにも保湿成分が入っているので、除毛後のお肌はしっとりとしています。しかし、除毛をすると多少なりともお肌に負担をかけてしまいます。そこで、スルルで除毛後に低刺激性の化粧水やクリームなどで保湿をするとお肌はさらにしっとりとします。

スルルで除毛したあとのお肌の状態をよく観察しておきましょう。同じところを毎日除毛をする必要はありません。もし、除毛したあとにお肌が赤くなっていたり、腫れたりしていたら、暫くスルルを使うのはやめてみましょう。ひょっとしたらスルルがお肌に合わないのかもしれません。

スルルで除毛後に低刺激性の化粧水やクリームで保湿するのは、スルルの正しい使い方といえますが、除毛したところのお肌の変化をよく見ながら自分に合う使い方を見つけましょう。

[スルル 使い方]オススメの除毛頻度

スルルを使った最適な除毛頻度は人それぞれで個人差があります。一度スルルで除毛したあとは、次の除毛はムダ毛が気になってきてからで充分です。毎日、あるいは短い間隔での同じところの除毛は避けましょう。お肌に余計な負担をかけてしまってお肌を痛めてしまうかもしれません。同じところを除毛する時は最低でも数日の間隔をあけましょう。

除毛するカラダのパーツが違うなら毎日除毛しても構いません。同じパーツを毎日除毛するのがダメなだけです。除毛するカラダのパーツを毎日変えながら全身を少しずつ除毛していくのはオススメの使い方でもあります。

スルルで除毛するのもある程度の手間がかかるのだから、少しでも楽に除毛するためにも、毎日違うパーツを入浴時に少しずつ除毛すると楽に毎日続けられますよ。

[スルル 使い方]利用の目安

スルル1本でどれくらいの範囲の除毛ができるのか、利用の目安が気になりますよね。カラダの大きさ、ムダ毛の状態、お肌の状態、スルルの塗り方によっても違いがありますが、おおよそ次のような目安になります。

◆両腕・ワキ・指 スルル 1本

◆胸・お腹・背中 スルル 1本

◆うなじ・お尻 スルル 0.5本

◆両脚 スルル 1本

半月に1回除毛をする場合だと、おおよそこれくらいの使用量になります。ムダ毛が多ければスルルの使用量は増えるし、塗り方によってもスルルの使用量は大きく変わってきます。

スルルのおおよその使用量が分かれば、購入費用の目安もつくと思います。実際の使用量は使ってみないと分かりませんが、除毛計画を立てる歳の参考にしてみてくださいね。

[スルル 使い方]パッチテストのやり方

スルルのパッチテストのやり方も簡単です。スルルはお肌に優しく作られていますが、お肌が弱い方はスルルを本格的に使い始める前にパッチテストをやっておいた方がいいでしょう。もし、パッチテストやってみて、お肌の赤みやかぶれが生じた時はスルルを使うのをやめましょう。

パッチテストは腕や脚など目立たない部位で、お肌のデリケートな具合が低い部位で試すのがコツです。

ムダ毛があってあまり目立たないところにスルルの除毛クリームを少量とって塗り、10分くらい待ってからよく洗い流します。

その後、24時間以内に赤み・腫れ・かぶれ・痒みなどの異常がないかを確認します。異常が無ければ本格的にスルルを使い始めてみましょう。もし、異常があればスルルの使用を中止してください。

[スルル 使い方]間違った使い方

その使い方間違っています!

[スルル 使い方]スルルの間違った使い方

スルルの間違った使い方は、スルルの効果的な使い方とは違う使い方のことをいいます。間違った使い方をすれば思うような除毛効果が得られないだけではなくて、肌荒れの原因になることもあります。

肌質や体質には個人差があるので、間違った使い方をすれば絶対にお肌が荒れるという訳ではありませんが、期待するような除毛効果が得られにくくなることは確かです。あえて間違った使い方をする必要もありませんよね。

スルルは塗ったあとに5~10分間待つ必要があります。この時間を待つことができなくてセッカチに洗い流してしまって、思うように除毛ができていないというのもありがちです。

また、スルルはお肌がデリケートな部分には使わない方がいいのですが、使う場所を間違えてお肌が荒れてしまったというのもありがちです。

スルルを塗ったあとの待ち時間と塗る場所だけは間違えないように気をつけましょう。

「スルル」の公式サイトはこちら

スルル 待つ時間が5分未満

スルルの間違った使い方で多いのが、スルルを塗ったあとの待つ時間が5分未満だということです。スルルの除毛クリームを塗ったあとの待つ時間が短いと思うような除毛効果が発揮されません。

スルルは除毛クリームなので、化学的な働きによってムダ毛をなくしていきます。有効成分のチオグリコール酸カルシウムが体毛を構成するケラチンたんぱく質を溶かして除毛していきます。

スルルの除毛クリームがムダ毛を溶かすには時間が必要です。その時間は最低でも5分間、長くても10分間です。待つ時間が長すぎれば肌荒れの原因になりますが、反対に短すぎると思うような除毛効果が発揮されません。

スルルを塗ったあとは、キレイになった自分のお肌のことを思いながら静かに待ちましょう。

スルル 毎日同じパーツを除毛

スルルの間違った使い方として、毎日同じパーツを除毛してしまうというのも多いですね。ムダ毛の無いキレイなお肌になりたいあまり、ついつい毎日除毛してしまうのでしょうけど、逆効果です。

逆効果といっても、毎日除毛したからといってムダ毛が増える訳ではありません。毎日除毛を繰り返すと肌荒れの原因になってしまうこともあるんです。

一度キレイに除毛できれば、そんなに毎日除毛をする必要はありません。次の毛が生えてくるまで暫く時間がかかります。次に除毛をするのはムダ毛が気になってからで充分です。

除毛と除毛の間隔は、最低でも数日間はあけましょう。定期的に除毛をしていれば、次第にムダ毛が目立たなくなっていきます。

スルル 使えないパーツに使う

スルルを使えないパーツに使うというのも多い間違いです。スルルの除毛クリームはほぼ全身のパーツに使えますが、一部にスルルを使わない方がいいカラダのパーツもあります。

スルルが使えないパーツ、スルルを使わない方がいいパーツは、顔や頭やVIOなどのデリケートなお肌の部分です。デリケートなお肌にスルルの除毛クリームを塗ると、お肌に赤みができたり腫れたりするなど肌荒れの原因になることもあります。

顔にスルルを使ってお肌が赤く腫れたら大変です。髪の毛にスルルの除毛クリームがつくと、その部分がキレイに除毛されてしまって丸いハゲができたようになってしまいます。

VIOなどのデリケートゾーンも絶対にやめておきましょう。ただでさえデリケートな部位です。性器まわりはもちろんのこと、アンダーヘアの除毛もやめておきましょう。

スルル 塗る量が少ない

スルルの除毛クリームを塗る量が少ないと期待しているような除毛効果が得られません。スルルの除毛クリームは除毛したい部分にたっぷりと塗るのがコツです。除毛したいところにスルルが塗られていても、ムダ毛の根元までしっかりと覆うように塗られていないと思うような除毛効果が得られません。

スルルは薄く塗り拡げるのではなくて、除毛クリームがパックのようにピタッと肌に密着するように塗っていきます。塗る厚さは1~3mmが目安です。『え?そんなに塗るの?』と思うくらいに厚みを持ってたっぷりと塗るのがコツです。

歯磨きを歯ブラシに付ける時のような要領で、除毛したい範囲の端から端まで出した後に指で塗り拡げます。この時にムダ毛の根元までスルルの除毛クリームが行き渡るように指をクルクル回しながら塗り拡げていきます。

スルル 塗りムラや隙間がある

スルルの除毛クリームに塗りムラや隙間があると、除毛したい範囲が均一に除毛されず、しっかりと除毛された部分と除毛が不十分な部分がマダラ模様のようになってしまいます。

スルルの除毛クリームは、たっぷりと厚みを持ったうえで、除毛したい範囲に均一に広がるようにしっかりと塗り拡げましょう。

スルルを塗り拡げるのは自分の指を使うのが一番いいですね。ヘラみたいなもので塗り拡げると、ムダ毛の根元までしっかりとスルルの除毛クリームが行き渡らないこともあります。やはり自分の手の指を使うのが一番良いです。

長いムダ毛の場合は、長い毛の根元から毛先まで全部スルルの除毛クリームが行き渡らなくてもよいです。ムダ毛の根元にさえしっかりとスルルが行き渡っていればムダ毛はしっかりと除毛されます。

スルル 除毛後に洗い流さない

スルルで除毛後に洗い流さないと肌荒れの原因になることがあります。スルルの除毛クリームを除毛したいムダ毛の部分に塗り拡げて5~10分待った後にティッシュペーパーなどで拭き取りますが、お肌に除毛クリームの成分が残ったままだと肌荒れの原因になることがあります。拭き取っただけだと取り切れない除毛クリームの成分を取り去るために洗い流すんです。

除毛後に洗い流す時は石鹸などを使う必要はありません。シャワーをかけながら掌やタオルなどで優しく撫でながら洗い流せば充分です。

入浴時に除毛をするとそのまま洗い流すことができるので拭き取る手間が省けて楽チンです。入浴時に裸になった時に全身のムダ毛のチェックをすれば、浴室ですぐに除毛ができるのでオススメの方法です。

スルル 塗ったあとに10分以上放置

スルルを塗ったあとに10分以上放置すると肌荒れの原因になることがあります。スルルの除毛クリームを塗ったあとの待ち時間は、5分以上10分以下です。10分より長く待っても除毛効果は高まりません。肌荒れの原因になるだけです。

また、スルルを塗る厚さは1~3mmが目安です。3mmよりも厚く塗っても除毛効果は変わりません。塗る厚さは1~3mm、待ち時間は5~10分です。これらの目安よりも小さいと除毛効果が損なわれます。反対にこれらの目安よりも多くなっても除毛効果は変わりません。

スルルの除毛クリームは、目安となる使い方を守ることがとっても大切。自分勝手な使い方をしてもいいことはありません。スルルのメーカーが推奨している使い方を守りましょう。

「スルル」の公式サイトはこちら

[スルル 使い方]使えるカラダのパーツ

[スルル 使い方]スルルが使えるカラダのパーツ

スルルが使えるカラダのパーツは、顔・頭・VIOなどデリケートな部位を除いてほぼ全身で使えます。スルルひとつで全身のムダ毛ケアができます。毎日お風呂に入った時に全身くまなくムダ毛のチェックをするといいですね。全身ムダ毛の死角なしです。

顔とVIOのムダ毛は別の方法で処理しましょう。うなじの除毛をすることはあっても頭を除毛する人はあまりいないと思います。気をつけなければいけないのは、スルルの除毛クリームが付いた手で頭を触らないようにすることです。触った部分が除毛されてしまって大変なことになりますよ。

デリケートでお肌が弱い部分を除いて、スルルはほぼ全身に使えます。スルルで最初に除毛する時は、腕や脚やワキなどあまり目立たないところで少しだけ除毛してみて試すのがいいですね。

「スルル」の公式サイトはこちら

[スルル 使い方]ワキ毛の除毛に使えます

スルルはワキ毛の除毛に使えます。男性のワキ毛でもあまりいい感じはしませんが、女性のワキ毛は絶対にNGです。薄着になる夏なら誰でもワキ毛の処理はすると思いますが、冬になると油断してワキ毛の処理を怠ってしまう女性も一部にはいるようです。

冬でも油断はできませんよ。冬でも暖房がしっかり入っていると上着を脱いだりすることがありますからね。服の隙間や袖口から伸びているワキ毛が見えてしまうかもしれませんよ。何だか最近、周りの人達がよそよそしいなと思ったらワキ毛が原因だったなんて笑えません。

お風呂に入った時に時々ワキ毛のチェックをするといいですね。スルルをお風呂場に置いておけば、ワキ毛が気になったら、すぐにその場で除毛開始。大切な人から幻滅されないためのオススメ習慣です。

[スルル 使い方]胸まわりのムダ毛の除毛に使えます

スルルは胸まわりのムダ毛の除毛に使えます。乳首まわりの毛(乳毛)にも気をつけましょう。乳首にムダ毛なんて生えていたら、せっかくの女性らしい魅力が台無しです。長く伸びた乳首の毛なんて見せられたものじゃありません。

もちろん、乳首なんて人に見せるものじゃありませんが、見えないところもキレイにしておくと気持ちに余裕が生まれます。

また、胸まわりのムダ毛をキレイに除毛しておくと、胸元が開いている服も自信を持って着ることができますよね。ファッションの楽しみも広がります。

見えるところはもちろん、見えないところもキレイに除毛して全身スキ無し・全身死角なし、どこから見られても完璧な美肌を取り戻しましょう。

[スルル 使い方]お腹のムダ毛の除毛に使えます

スルルはお腹のムダ毛の除毛に使えます。お腹を人に見せることって、夏に水着を着る時以外にそうそうないと思いますが、どうせなら全身をスキ無くキレイにしておきたいですよね。

お腹は直接自分でも見れるし、鏡を使えばお腹全体を見渡すこともできるので、自分ひとりでもムダ毛を処理しやすいパーツです。

お腹は自分の手が届くのでお腹のムダ毛はカミソリでも処理できます。しかし、カミソリだとカミソリ負けすることもあるし、うっかりお肌を傷つけてしまうこともあるので、やはりスルルの除毛クリームで除毛する方がキレイに仕上がります。

女性なのにギャランドゥなんてことにならないようにお腹もキレイにムダ毛を除毛しておきましょう。

[スルル 使い方]背中のムダ毛の除毛に使えます

スルルは背中のムダ毛の除毛に使えます。背中は自分では見えないので、ムダ毛の処理が習慣になっている女性でもつい見落としがちです。しかも、背中は手が届きづらいので、背中にムダ毛があることが分かっていても、つい後回しにしてしまいがちです。

スルルの除毛クリームを使えば背中のムダ毛も簡単に除毛できます。でも、背中に除毛クリームを塗る時だけは誰かに塗ってもらった方がいいかもしれませんね。入浴前に誰かに塗るのを手伝ってもらえば、あとは洗い流すだけなので自分一人でできますね。

背中が見える機会は以外にあると思います。夏になって水着を着る時、夏になって薄着をしている時、温泉に行った時など、他の人からも背中が見えてしまいます。そんな時でも恥ずかしい思いをしなくても済むように背中のムダ毛にも気を配りましょう。

[スルル 使い方]膝下のムダ毛の除毛に使えます

スルルは膝下のムダ毛の除毛に使えます。ストッキングからヒザ下のムダ毛(スネ毛)が飛び出していたら目も当てられません。膝下(スネ)のムダ毛はチェックしやすいし、手も楽に届くので、カミソリで剃っている人も多いと思います。

また意外に見落としがちなのがふくらはぎのムダ毛です。ふくらはぎも何とか自分でもチェックできるから、カミソリで剃り続けて毛穴がポツポツ目立ったりしていませんか。

スルルはふくらはぎのムダ毛の除毛にも使えます。スラリと伸びたキレイな脚なのに、ムダ毛がいっぱい生えていたら本当に台無し。

膝下のスネ毛もふくらはぎのムダ毛もカミソリで剃り続けていると毛穴が目立ってきます。スルルの除毛クリームで除毛する方がキレイに仕上がりますよ。

[スルル 使い方]うなじのムダ毛の除毛に使えます

スルルはうなじのムダ毛の除毛に使えます。うなじのキレイな女性はとっても魅力的ですよね。うなじも直接は自分で見ることはできないので見落としがちなパーツです。しかし、うなじがキレイだとそれだけでとっても魅力的。

髪をアップにすると、うなじが丸見えになります。うなじがキレイなのは着物を着ている時だけじゃないですよ。首まわりが大きく開いた洋服も多いですよね。うなじがキレイだと洋服の選択肢が広がります。そして、うなじがキレイだと髪型の選択肢も広がりますよ。

うなじから背中にかけてムダ毛がビッシリ!なんてことにならないように、自分では直接見えないところのムダ毛のチェックもお忘れなく。

自分一人じゃうまくムダ毛のチェックができない時は、家族や信頼できる友達に見てもらいましょう。

[スルル 使い方]手の指のムダ毛の除毛に使えます

スルルは手の指のムダ毛の除毛に使えます。どんなに素敵なネイルをしていても指にムダ毛(指毛)があると本当に台無し。ネイルが素敵であればあるほど、指のムダ毛が目立ってしまいます。

スラリと伸びたキレイな手の指は、女性らしさを素敵に演出できるカラダのパーツでもありますよね。キレイなネイルをしている女性は多いですが、指の毛にまで気をつけている女性は意外に少ないようです。

手の指は本当に目立つカラダのパーツです。手の指のムダ毛の処理がおろそかだと全体の印象が悪くなってしまいます。手の指って見られていないようでしっかり見られているパーツなんですよ。

手の指の除毛はとっても簡単。ムダ毛が気になるところにスルルの除毛クリームを塗って、5~10分待ってそのまま洗い流せばOKです。

[スルル 使い方]手のムダ毛の除毛に使えます

スルルは手のムダ毛の除毛に使えます。手の指のムダ毛だけじゃなくて手全体のムダ毛もキレイに処理しておきましょう。

手のキレイな女性はとっても魅力的。普通の格好をしていても手がキレイなだけで、とっても魅力的な女性に見えちゃいます。たったそれだけのことで魅力的な女性になれるんだから、手の除毛も手を抜くわけにはいきません。

手のムダ毛の除毛もとっても簡単。ムダ毛が気になる所にスルルの除毛クリームを塗って、5~10分待って、あとは洗面所などで洗い流すだけです。拭き取る必要すらありません。手のムダ毛が気になった時にサッと除毛ができちゃいます。

両手に同時にスルルの除毛クリームを付けると両手がふさがってやりにくいなら、今日は左手、明日は右手というように片手ずつやるとやりやすいです。

[スルル 使い方]腕のムダ毛の除毛に使えます

スルルは腕のムダ毛の除毛に使えます。夏の腕のムダ毛処理は必須です。腕のムダ毛は脚のムダ毛よりも目立ちますからね。

そんな意外にも目立ちやすい腕のムダ毛ですが、肘よりも上(肘とワキの間)はカミソリでは剃りにくいですよね。そんな時こそスルルの除毛クリームで除毛するのがオススメです。

肘より上はスルルの除毛クリームが塗りにくいかもしれませんが、そんな時は鏡を見ながら塗ればそんなに苦労しなくてもうまく塗れると思います。

腕のムダ毛も手のムダ毛と同じで片腕ずつ除毛する方がやりやすいと思います。今日は左腕、明日は右腕というようにやってみてください。

腕のムダ毛をキレイに除毛しておくと、夏のノースリーブや半袖などのお気に入りの服が思う存分楽しめますよ。

[スルル 使い方]太ももの裏のムダ毛の除毛に使えます

スルルは太ももの裏のムダ毛の除毛に使えます。太ももの裏も自分では見にくいので、つい見落としがちなパーツです。太ももの裏に手は届いても直接自分では見えないだけでムダ毛を処理しずらい危険部位です。

太ももの裏は直接見えないのでカミソリで処理するのは難しいと思います。ここはやはりスルルの除毛クリームで除毛するのがオススメです。

太ももの裏の除毛は、除毛する範囲が比較的広くなるので拭き取るのが大変です。ここは拭き取る手間が省ける入浴時に太ももの裏を除毛するのが楽チンでいいですね。

普通、お風呂には鏡があると思うので、直接は見えない太ももの裏でも鏡を見ながらスルルの除毛クリームを塗ればそんなに苦労せずに塗れると思います。

[スルル 使い方]足の指のムダ毛の除毛に使えます

スルルは足の指のムダ毛の除毛に使えます。足の指も見落としがちなパーツです。素足でサンダルを履いている時にムダ毛が見えちゃうと本当に幻滅。うなじからつま先まで全身スキ無くキレイに除毛をしておきましょう。

足の指も入浴時に除毛をすると拭き取る手間が省けるので楽ですよ。足の指は除毛の範囲が狭いので、お風呂の洗い場で椅子に座って除毛したいところに指でチョンチョンと付けて塗り拡げます。暫くそのまま静かに待ちましょう。待ち時間が終わったらあとは洗い流すだけ。キレイな足の指が現れます。

全身をキレイに除毛するのはけっこう大変ですが、スルルを使っているうちにムダ毛が段々と目立たなくなっていきます。諦めずにずっとキレイなままでいましょうね。

「スルル」の公式サイトはこちら

[スルル 使い方]使えないカラダのパーツ

VIOには使っちゃダメ!

[スルル 使い方]スルルはVIOには使っちゃダメ!

スルルはほぼ全身で使えますが、使えないカラダのパーツ・使わないほうがよいカラダのパーツもあります。それは、デリケートなお肌のパーツ、粘膜、普通はそんなところは除毛しないでしょ!というようなパーツです。

デリケートなお肌のパーツといえば、まずは顔です。スルルがいくらお肌に優しく作られていても顔のうぶ毛の除毛には向きません。それから頭、髪の毛です。髪の毛を除毛する人はいないと思いますが、他のパーツを除毛している時に、うっかりスルルの除毛クリームが髪の毛に付かないように気をつけましょう。

VIOもスルルでの除毛には向きません。VIOはとってもデリケートなパーツなので、VIOのムダ毛処理には最新の注意が必要です。

それから、鼻毛もスルルの除毛クリームで除毛してはいけません。鼻の中の粘膜を傷つけてしまいます。

「スルル」の公式サイトはこちら

[スルル 使い方]顔には使えません

スルルは顔には使えません。顔は見た目をもっとも気にするパーツだと思います。顔のうぶ毛があると化粧ノリが悪くなったりするので、つい除毛したくなりますが、そんなデリケートで大切な顔の素肌にスルルの除毛クリームを使うことは勧められません。

スルルの除毛クリームをデリケートなパーツに使うと赤みの原因になったり、腫れたりただれたりすることもあります。人によっては顔にスルルの除毛クリームを使っても平気な人もいるかもしれませんが、肌荒れのリスクを冒してまですることではありません。

顔のうぶ毛の処理は、エステなどで処理してもらうのが一番安全ですが、自分で処理するなら顔そり用カミソリレディースシェーバーがオススメです。

[スルル 使い方]頭には使えません

スルルは頭には使えません。というか、スルルを頭の髪の毛に使いたいと思う人がいるのでしょうか。スルルで髪の毛の生え際をキレイにしたいと思う人ならいるかもしれませんがリスクが大きいです。スルルの除毛クリームが意図しないところに付いてしまうと、その部分の髪の毛が除毛されてしまってハゲたようになってしまいます。

頭の近くでスルルを使っていいのはうなじだけです。うなじのキレイな女性はとっても魅力的ですからね。うなじならスルルを使っても大丈夫だと公式サイトにも書かれています。

スルルでうなじを除毛する時だって注意が必要です。スルルの除毛クリームを塗る時は細心の注意を払ってくださいね。うなじは自分では直接は見えないので、できれば他の人に塗ってもらう方が安全です。

[スルル 使い方]VIOには使えません

スルルはVIOには使えません。デリケートゾーンというくらいだから顔以上にデリケートなパーツなので、VIOなど陰部にスルルを使うのは絶対にやめておきましょう。VIO禁止です。

VIOの近くで、スルルの除毛クリームで除毛できるのは、太もも、お腹、お尻までです。それでも、VIOのデリケートな部分にスルルの除毛クリームが付かないように注意してくださいね。

VIOは人に見せるものではないので、特に理由のある場合を除いて、VIOのムダ毛の処理は後回しでもいいかもしれません。VIO以外のパーツが1週間に1回ムダ毛のチェックをするのなら、VIOは2~3週間に1回くらいでもいいかもしれません。

もちろん、VIOもVIO以外でも、ムダ毛を発見したらすぐに処理してもいいですね。VIOのムダ毛は除毛以外の方法で処理しましょうね。

[スルル 使い方]鼻毛には使えません

スルルは鼻毛には使えません。鼻毛が伸びてきたからといって、スルルの除毛クリームを綿棒などにつけて鼻毛を除毛しようとしないでください。鼻の中の粘膜を傷つけてしまって痛い思いをします。

鼻毛のチェックは出かける前に必ずやりましょう。もし鼻毛が伸びているのを見つけたら即その場で処理しましょう。鼻毛の処理は専用の鼻毛カッターなどを使うのが無難です。

出先で鼻毛が伸びているのを見つけた時は仕方がありません。トイレの個室など誰もいない所にこもって指でつまんで抜いちゃってください。

全身くまなくキレイに除毛されていても、鼻毛の1本で本当にすべてが台無しになってしまいます。何があっても鼻毛だけは見落とさないように、しっかりとムダ毛のチェックをしましょうね。

「スルル」の公式サイトはこちら

[スルル 使い方]スルルとカミソリのムダ毛処理方法を比較

スルルとカミソリのムダ毛処理方法を比較してみます。自宅で手軽に出来るムダ毛処理方法としては、スルルのような除毛クリームで除毛する方法と、カミソリで剃る方法があります。

まずは、ムダ毛を処理したあとの仕上がり具合を比較してみましょう。

スルルはムダ毛が根こそぎスッキリと除毛されています。対してカミソリの方は、少しだけ剃り残しがあります。お肌の白い人だと目立つかもしれませんね。

スルルは水分47%でしっかりと保湿されているのが分かると思います。カミソリの方は水分がかなりなくなっていますね。これだけ水分がなくなってしまうと肌荒れの原因になるかもしれません。

[スルル 使い方]スルルとカミソリの比較

スルルとカミソリでムダ毛を処理してから一週間後の様子を比較してみましょう。

スルルは除毛してから一週間たっても殆どムダ毛が目立ちません。カミソリの方はムダ毛がかなり伸びているのが分かると思います。

このように、スルルは使えば使うほどにムダ毛が目立たなくなっていくので、ムダ毛の処理が段々と楽になっていきますよ。

[スルル 使い方]スルルとカミソリの比較

費用の面では、スルルの方がカミソリよりも高くつきますが、ムダ毛処理の仕上がり具合の差は一目瞭然です。ムダ毛処理の仕上がり具合と費用負担を考えて、自分に合うムダ毛処理方法を選んでください。

[スルル 口コミ]スルルの公式サイトはこちら

 

タイトルとURLをコピーしました